カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

じゃぼんが話題に・・・

 11月1日に、NHK「あさイチ」でじゃぼんという果実を紹介していただきました。じゃぼんは、ざぼんと名前が似ていますが、全く別物です。

 では、じゃぼんってどんな果実?と思う人も、多くいらっしゃると思います。
 じゃぼんは、100年以上前から、安芸津町で栽培されていて、昔は寿司酢に使われたりもしていました。
しかし、昭和38年の極東寒波の被害を受け、じゃぼんの樹のほとんどが枯れてしまいました。
 絶滅したと思われていたのですが、わずかに残っていた樹が生きており、平成の世に入り、地域活性化の願いを込めて復活させたのが、JA芸南と安芸津町の生産者です。

 樹になっている果実の姿と、じゃぼんの成分が人々の健康を守っていたことから、「小さな太陽」とも呼ばれていました。

さわやかな香りとほんのり広がる酸味が特徴で、カボスやすだちと同じ「香酸柑橘類」ですが、糖度が高いという、珍しい果実。
また、発がん抑制効果のあるオーラプテンという成分が多いので、健康の維持・管理にもよい果実です。

 JA芸南では、香りを活かしたサイダー、成分を活かしたカプセル、果実の香りと酸味を味わえるマーマレードを作り、販売しています。NHKの放送終了後から、じゃぼんの果実のお問合せも頂いているのですが、当ショップでは果実の販売は取り扱っていないため、担当部署へご連絡を頂くようにご案内させていただいております。

じゃぼんの果実は、JA芸南 選果場(TEL:0846-45-0488)までご連絡下さいますよう、よろしくお願い致します。

 NHKの放送があってから、当ショップではカプセルのご用命がいつもより増え、マーマレードをご購入いただいた方もいらっしゃいました。
 皆様からのご利用を、心よりお待ちしております。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100016309&eid=25

ページトップへ